換気・加湿等対策補助金の募集開始について ~新しい生活スタイル対応のための感染症対策~

情報ソース:京都市及び公益社団法人京都市観光協会(DMO KYOTO)

概要

新型コロナウイルス感染症の感染者数が全国的に増加傾向にあることや、冬季は換気が疎かになりやすいこと、空気が乾燥し感染リスクが高まること等を踏まえ、いま一度換気や加湿等の取組を徹底し、市民及び観光客の安心・安全を確保することを目的として、この度、本格的な冬の到来を前に、京都市内の店舗、事業所等を対象に、換気・加湿等のために必要となる経費の一部を支援する補助金の申請の募集を開始します。

対象

補助対象者
京都市内に不特定多数の市民及び観光客が利用する店舗、来客型の事業所等(以下「店舗等」という。)を有する中小企業等。 上記店舗や事業等を有する NPO 法人、一般社団法人、公益社団法人も対象となります。

申請要件
申請に当たっては、「アドバイザーチームによる事業者の感染症対策等サポートナビ」(以下「サポートナビ」という。)ホームページにて公開している “換気の方法” を含むオンライン研修を受講(視聴)いただいたことを要件とします。

補助対象事業の実施期間
令和 2 年 8 月 5日(水)(サポートナビの設置日)から令和 3 年 1 月29 日(金)(申請受付期間終期)まで

内容

補助対象事業及び補助対象経費
新型コロナウイルス感染症対策として、冬季においてとりわけ実施が必要となる次の事業
  1. 換気に資する事業
  2. サーキュレーターの購入、換気機能付きエアコンの導入、換気扇の清掃・増設・高機能化、網戸の設置
  3. 加湿に資する事業
  4. 加湿器、加湿機能付き空気清浄機の購入
  5. 暖房設備に関する事業(換気に伴う室温低下の対策)
  6. ヒーター、ブランケットの購入、断熱カーテンの設置、暖房設備の清掃・増設・高機能化
  7. 室内のCo2濃度及び湿度の計測に関する事業
  8. Co2濃度測定器、湿度計測器の設置

補助金額
補助率=補助対象経費の2/3以内 補助限度額=不特定多数の市民及び観光客が利用する京都市内の店舗等について、1 店舗等につき 5 万円まで(1事業者当たり 10店舗等を上限)。

申請期間

2020年11月30日(月) 〜 2021年1月29日(金)

 
受付方法
Web(オンライン)又は郵送により申請を受け付けます(持参での受付は行いません。)。 申請は、いわゆる事後申請方式(事業を実施し、経費の支払を終了された後に、当該事業の領収書等の必要書類を添付の上、申請する方式)といたします。
Webページ https://www.kyokanko.or.jp/news/20201125/
備考 「新しい生活スタイル対応のための感染症対策補助金」(京都市観光協会)(受付期間:R2.9/14~R2.10/16)や「新型コロナウイルス感染症対策中小企業者等支援補助金」(京都府)(受付期間:R2.6/16~R2.10/16)など、すでに他の補助金で補助を受けている事業(備品等)については申請できません。ただし、異なる事業(備品等)であれば、申請可能です。

このページのコンテンツは、京都市及び公益社団法人京都市観光協会(DMO KYOTO)が発表した換気・加湿等対策補助金の募集開始について ~新しい生活スタイル対応のための感染症対策~の内容を、その一次情報を元に京都市市民活動総合センターが作成し二次情報として掲載しています。

一次情報である発信元 (京都市及び公益社団法人京都市観光協会(DMO KYOTO)) がコンテンツの内容を更新・修正している場合がありますので、リンク先の一次情報も併せてご確認ください。

リンク切れ、リンク先等変更などに気がつかれましたらお手数ですが こちら よりお知らせください。なお、申請受付が終了した場合は自動的に一次情報へのリンクが非表示になります。