​Dress farm 2020 基金 第 2 回目公募

情報ソース:公益財団法人 パブリックリソース財団

概要

新型コロナウイルス感染症の治療等にあたる医療従事者の方々を応援するために、そして今、瀕死の状況に追い込まれつつある日本のエンタテインメントを支える人たちを支援するために、4 人組バンド『sumika』が発起人となって、『Dress farm 2020 基金』を立ち上げました。

「本プロジェクトの寄付額の半分を、この国の医療を支えて下さっている医療従事者の方々に。そしてもう半分を、自分達をここまで育ててくれたエンタテインメント業界の活動支援とさせて頂きます。」(sumika)

※ コロほっポでは、医療機関・医療従事者を支える活動についてのみご案内します。音楽ライブ業界を支える専門スタッフ(フリーランスの個人)の支援については、パブリックリソース財団のHPおよび要項にてご確認ください。

対象

新型コロナウイルス感染症の治療等にあたる医療機関、あるいは医療従事者を支える活動を行う非営利法人が対象になります。

対象となる団体の詳細
  • 日本国内で新型コロナウイルス感染症患者の治療に取り組む医療機関
  • 医療機関の支援団体(公益法人や NPO 法人などの非営利法人)

※ 申請時において事業を開始してから 5 年以上たっていること

※ 非営利の法人とは:特定非営利活動法人、社会福祉法人、公益法人、非営利型一般社団、医療法人、学校法人、協同組合などの非営利法人

内容
活動例
  • 医療機関・関係者を支える活動
  • マスク・ガウンなどの防護用品の購入
支援対象活動の期間

助成決定時から 2021 年 6 月 30 日までの間

助成額

1件あたり 団体 上限 100 万円
助成採択予定数:2 件(第二次公募の原資総額:200 万円)

申請期間

2021年1月12日(火) 〜 2021年1月26日(火)

 「Dress farm 2020 基金」特設ウェブサイト内の応募ページに入力し、17:00 までに送信してください。
Webページ https://www.info.public.or.jp/dressfarm2020-apply
PDF 募集要項
備考

※ 事業・活動は既に開始されていても結構ですが、助成金を使える対象経費は助成決定時以降のものに限ります。

このページのコンテンツは、公益財団法人 パブリックリソース財団が発表した​Dress farm 2020 基金 第 2 回目公募の内容を、その一次情報を元に京都市市民活動総合センターが作成し二次情報として掲載しています。

一次情報である発信元 (公益財団法人 パブリックリソース財団) がコンテンツの内容を更新・修正している場合がありますので、リンク先の一次情報も併せてご確認ください。

リンク切れ、リンク先等変更などに気がつかれましたらお手数ですが こちら よりお知らせください。なお、申請受付が終了した場合は自動的に一次情報へのリンクが非表示になります。