「みてね基金」第二期 ステップアップ助成

情報ソース:みてね基⾦

概要

 第⼆期の公募では、「すべての子どもやその家族が幸せに暮らせる世界」という目標の実現を目指して、中長期的な視点から二つの助成プログラムを実施します。

 一つは、子どもや家族のニーズに寄り添いながら地道に活動を続けている全国各地の団体が、事業や組織の基盤を強化し、その活動をこれまでとは違うステージにレベルアップしていくことを支援する「ステップアップ助成」です。

 また、それぞれの部門で、各団体のニーズを踏まえた上で、伴走支援などの非資金的な支援も提供します。

対象
助成対象となる団体
  1. 「みてね基金」が定める5つのテーマで活動を行っている団体で、この助成金を活用して、事業や団体のステージを一段レベルアップさせていく意欲と計画がある団体
    • 【5つのテーマ】
      1. 難病・障害、2. 教育、3. 貧困、4. 出産・子育て、5. 虐待
    • 複数領域に関わる取り組みを行う団体も対象となります。
  2. 法人格を持つ民間非営利団体もしくは今後、法人化の予定がある非営利の任意団体
    • 法人格の例) 特定非営利活動法人 (NPO 法人)、財団法人、社団法人、社会福祉法人など
  3. 有給の常勤スタッフが1名以上の団体
    • 活動実績 2 年以上、年間の予算規模 1,000 万円以上の団体を想定していますが、必須要件ではありません。
  4. 日本国内に事務所がある団体
  5. 助成金や伴走支援を有効活用しながら、より大きな成果の実現に組織基盤や事業基盤の強化に真摯に取り組む準備ができている団体
  6. 「助成先団体に求められる義務・条件」に同意いただける団体
      《助成先団体に求められる義務・条件》
    1. 助成⾦の適正な使用
    2. 伴走支援の活用 (内容は事務局と協議の上、調整)
    3. 団体の適切なガバナンス・コンプライアンス体制の整備
    4. 年次報告書やウェブサイト等で、「みてね基⾦」が助成した旨の表示
    5. 取材への協力
    6. 活動進捗の報告(3 か月に 1 回を予定)や訪問ヒアリング等への対応
    7. 成果報告書の提出
助成対象となる費用
■ 組織基盤や事業基盤の強化に関連する経費全般
  • 外部の専門家への委託経費
  • 組織基盤や事業基盤の強化に従事する職員の人件費ほか事務局経費
  • IT ツールや機材への投資
  • その他、必要な経費 等
内容
【1 団体あたりの助成金額】

最大 1,000 万円 (申請金額の下限:500 万円)

【助成期間】

最長 2 年間 (2021 年 4 月から 2023 年 3 月)

【助成総額】

1 億円を予定

【採択団体数】

10 ~ 15 団体 (予定)

【伴⾛⽀援について】

本助成では、よりよい成果を実現していただくため、各団体のニーズに合わせた伴走支援を提供します。近い分野での経験・知見を有する NPO 等の経営者のアドバイスや、運営協力の NPO 法人 ETIC. のスタッフによるコーチングやネットワーキングを提供します。

申請期間

2020年12月15日(火) 〜 2021年1月18日(月)

 締切日の 15:00 までに申請フォームよりお申込みください。
 個別相談: 2020 年 11 ⽉ 27 ⽇ (⾦) ~ 12 ⽉ 25 ⽇ (⾦) 12:00
Webページ https://fund.mitene.us/n/n6a82f7027f8d
PDF 募集要項
備考
留意事項
  • 営利団体への助成は⾏いません。ご了承ください。
  • 日常の運営経費への助成を目的とした助成金ではありません。ご留意ください。
  • 事業計画に照らして適切な範囲であれば、人件費や管理費も認められます。ただし、資金使途について可能な限りの工夫をしているかどうかは、審査の対象となります。
  • 自治体の補助金や他の公共法人等の助成金を活用する事業でも応募できます。但し、同一の費用を重複して計上することはできません。

このページのコンテンツは、みてね基⾦が発表した「みてね基金」第二期 ステップアップ助成の内容を、その一次情報を元に京都市市民活動総合センターが作成し二次情報として掲載しています。

一次情報である発信元 (みてね基⾦) がコンテンツの内容を更新・修正している場合がありますので、リンク先の一次情報も併せてご確認ください。

リンク切れ、リンク先等変更などに気がつかれましたらお手数ですが こちら よりお知らせください。なお、申請受付が終了した場合は自動的に一次情報へのリンクが非表示になります。