大塚商会ハートフル基金 公募助成

情報ソース:株式会社 大塚商会

概要

新型コロナウイルスの感染拡大により、世界同時多発的に深刻な社会的、経済的影響が出ています。発生した社会的課題に対して、市民や団体がお互いに支え合うことで困難な状況を乗り切る一助となるよう助成先を募集します。

対象
対象となる事業

新型コロナウイルスの影響を受けて困っている方を支える活動

対象となる団体

以下の 1. ~ 4. の全てを満たしている団体が対象です。

  1. 募集地域
    以下のいずれかの都道府県に所在する団体
    北海道・宮城県・茨城県・栃木県・群馬県・埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県・静岡県・愛知県・三重県・滋賀県・京都府・大阪府・兵庫県・広島県・福岡県
  2. 活動人数・活動年数・法人格
    4 名以上のメンバーが活動する非営利団体であり、活動年数が 3 年以上あること。法人格の有無は問いません。一般社団法人については非営利型のみ対象となります。
  3. 情報発信
    ホームページ (Facebookを含む) で活動内容を積極的に発信している団体
  4. 推薦者
    団体の活動を理解しており、かつ利害関係のない方による推薦がある団体
    社会福祉協議会・ボランティアセンター・行政等の職員 (これらに限りません) などに依頼してください。当社の社員でも構いません。
内容
  • 1 団体あたり:30 万円を上限とします
  • 総額:300 万円を予定
申請期間

2020年10月20日(火) 〜 2020年11月30日(月)

 郵送にて受付 (当日消印有効)
Webページ https://www.otsuka-shokai.co.jp/corporate/csr/news/2020/201020.html
備考
  • 行政から委託・補助・助成を受けている事業は対象となりません。
  • 1 団体 1 件 (1 事業) のみ応募が可能です。
  • 助成決定後、団体として積極的に「大塚商会ハートフル基金」の助成による成果の発信をお願いします。また、当社ホームページや冊子への活動内容紹介に協力していただきます。
  • 助成事業について、2022 年 1 月 31 日までに当社所定の「使途報告書」および「収支報告書」を提出していただきます。

このページのコンテンツは、株式会社 大塚商会が発表した大塚商会ハートフル基金 公募助成の内容を、その一次情報を元に京都市市民活動総合センターが作成し二次情報として掲載しています。

一次情報である発信元 (株式会社 大塚商会) がコンテンツの内容を更新・修正している場合がありますので、リンク先の一次情報も併せてご確認ください。

リンク切れ、リンク先等変更などに気がつかれましたらお手数ですが こちら よりお知らせください。なお、申請受付が終了した場合は自動的に一次情報へのリンクが非表示になります。