地域助け合い基金

情報ソース:公益財団法人 さわやか福祉財団

概要

コロナ禍で買い物や食事など生活に困っている方々を助ける市民活動団体に活動資金を提供して、まずはコロナ禍をみんなの温かい心で乗り越え、そして、その助け合いの力が、平時の生活に戻った後も困った時にはいつでも発揮されるように、自由で楽しくてしっかりした地域の助け合い活動を築いていくことを目指します。

対象
助成の対象活動
  • 活動の分野は、高齢者、子ども、認知症、障がい、生活困窮の方々、外国人、ケア家族の支援他、特定分野の制限はありません。ただし、日本国内の活動に限ります。
  • 1団体で以下に記載する複数の活動をまとめて、あるいはその都度申請することが可能です。活動を進めるために必要な、人、モノ、場所などにかかる費用を支援します。
対象団体
  • 非営利の組織であること。法人格の有無は問いません。
  • 自治会・町内会、地域の住民グループ等、個人の活動以外申請できます。
内容

地域で暮らす人同士の助け合い活動(つながりづくりを目的とした居場所・通いの場を含む)を対象とします。

活動の分野は、高齢者、子ども、認知症、障がい、生活困窮の方々、外国人、ケア家族の支援他、特定分野の制限はありません。ただし、日本国内の活動に限ります。1団体で以下に記載する複数の活動をまとめて、あるいはその都度申請することが可能です。活動を進めるために必要な、人、モノ、場所などにかかる費用を支援します。

  1. コロナ禍により被った助け合い活動の被害額の支援(上限20万円目安)
  2. コロナ禍により生じた生活上の不便・不安を解消するための助け合い活動(上限10万円)
  3. 地域の助け合いを維持・発展する活動(上限15万円)
申請開始

2020年5月18日(月) 〜

 

2020年5月18日から常時実施。助成は随時行います。
1については、2020年2月1日に遡っての申請が可能。
2は、申請時から概ね1か月以内に実施する取り組みが対象。
3は、申請時から概ね6か月以内に実施する取り組みが対象

Webページ https://www.sawayakazaidan.or.jp/covid19-donate/
PDF 応募要領
備考

活動を進めるための費用であれば特に費目の制限はありません。
ただし、他の助成金や補助金等を受領し、使途が重複している場合は対象外となります

このページのコンテンツは、公益財団法人 さわやか福祉財団が発表した地域助け合い基金の内容を、その一次情報を元に京都市市民活動総合センターが作成し二次情報として掲載しています。

一次情報である発信元 (公益財団法人 さわやか福祉財団) がコンテンツの内容を更新・修正している場合がありますので、リンク先の一次情報も併せてご確認ください。

リンク切れ、リンク先等変更などに気がつかれましたらお手数ですが こちら よりお知らせください。なお、申請受付が終了した場合は自動的に一次情報へのリンクが非表示になります。