2020年度 新型コロナウイルス感染症に伴う社会活動支援 年度内募集

新型コロナウイルス危機は、学校の休校、商業施設やイベントの自粛など国民生活に大きな影響を及ぼしました。
一方で、オンライン授業や在宅勤務の導入など、これまでの生活様式が変わる兆しも見え始めています。緊急事態宣言が解除されて以降、その動きは一過性に終わることなく、コロナと共に生きようという「with コロナ時代」を模索する動きに変わりつつあります。
本制度では、変革の兆しに着目し、社会課題の解決、あるいは社会価値の創造を通して既存の社会システム、仕組み、構造、制度を変えようと取り組む活動を支援します。また、コロナの影響を受け、継続が困難になった事業への緊急支援も実施します。


新型コロナウイルス感染症:拡大防止活動基金 第5期

新型コロナウイルスに対し最前線で取り組まれる医療機関等への直接の支援、または同機関への必要物資・医療用防護具・医療器具などの支援活動、新型コロナウイルスの影響を受ける子どもたち等への支援活動、新型コロナウイルスに関わる研究・開発費用など、今まさに支援を必要とする分野への迅速な支援を行います。


オムロン基金「新型コロナウイルス臨時対策助成金」

公益財団法人 京都オムロン地域協力基金(以下、オムロン基金)は、民間団体が安心して子ども食堂を運営するために、新型コロナウイルス感染拡大防止のための対策費用の一部を「新型コロナウイルス臨時対策助成金」により助成します。


コロナ給付金寄付プロジェクト「第2回 福祉・教育・子ども分野助成基金 」

当基金はコロナ給付金寄付プロジェクトで「福祉・教育・子ども支援分野」を指定して集まった寄付金を原資として、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)蔓延防止対策の影響や経済活動の停滞に伴い厳しい状況に追い込まれている高齢者、子ども、生活困窮者など、社会的に最も弱い立場にある人々を守るために取り組む支援団体を対象とした緊急助成を行い、社会的弱者の命と安全を守ることを目的としています。


コロナ給付金寄付プロジェクト「第2回 医療分野助成基金」

当基金はコロナ給付金寄付プロジェクトで「医療支援分野」を指定して集まった寄付金を原資として、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)患者の治療や感染防止に取り組む国内の医療機関等を対象とした緊急助成を行い、命を守ることを目的としています。


コロナ給付金寄付プロジェクト「第2回 文化・芸術・スポーツ分野助成基金」

当基金はコロナ給付金寄付プロジェクトで「文化・芸術・スポーツ支援分野」を指定して集まった寄付金を原資として、新型コロナウイルスの感染拡大の影響及び感染症拡大防止策の影響で、困難に直面しているアーティスト・アスリートや文化・芸術・スポーツの専門スタッフなどの個人及び文化・芸術・スポーツ団体に対して助成することで、現在の代替的活動・事業の支援、将来の活動・事業再開に向けて進める準備活動等を支援し、社会の心と身体のゆたかさを回復・向上することを目指します。


ソニー音楽財団子ども音楽基金 新型コロナウイルス被害支援

新型コロナウイルス感染拡大の影響により様々な文化芸術活動が中止や延期の決断を余儀なくされているなか、子どもへの音楽を通した教育活動を制限された団体に、その損害への補填として助成金(1団体につき一律20万円または50万円)を支給し、今後の活動継続の一助となることを目的としています。


中小企業者等事業再出発支援補助金 (感染拡大予防ガイドラインの趣旨に沿った事業)

京都府では、新型コロナウイルス感染症と共存する「新しい生活様式」に対応して事業を再出発されようとする小規模事業者・個人事業者、中小企業者等の皆様の取組を支援します。


中小企業者等緊急応援補助金 (感染拡大予防ガイドラインの趣旨に沿った事業、 業務改善・売上向上につながる事業)

京都府では、新型コロナウイルス感染症と共存する「新しい生活様式」に対応して事業を再出発されようとする小規模事業者・個人事業者、中小企業者等の皆様の取組を支援します。


キフフ助成プログラム 2020

新型コロナウィルスの感染拡大により、交流会や勉強会など直接の接触機会がとりづらい状況のなか、今年の助成プログラムは「冬募金の郵送DM」に焦点をあてて実施していきます。こういう時だからこそ、冷静にちゃんとした計画づくりをサポートしてくれるファンドレイザーの力が必要です。頼れるファンドレイザーが計画づくりをサポートし、その計画に立脚した寄付チラシをつくるだけでなく、有効的に活用し、振り返りまでを助成します。


第97回 リユースPC寄贈プログラム

非営利団体の情報化支援、デジタルコンテンツを使った非営利活動の推進を目的とした PC 寄贈プログラムです。


「子供の未来応援基金」新型コロナウイルス感染拡大への対応に伴う緊急支援事業

この事業は、これまで草の根で貧困の状況にある子供たちに寄り添って支援活動を行ってきた NPO法人等が、現状のコロナウイルス情勢も踏まえた緊急かつ柔軟な支援を行えるようにすることを目的に、NPO法人等が新型コロナウイルス対応として追加的に実施する事業への支援金の交付を行うものです。


「食を通した居場所づくり支援」新型コロナ禍対応特別助成 公募枠

当財団は『食』に関わる社会課題の解決に向けて、食育活動および子どもの貧困対策などに取り組む団体への寄付を中心とした助成活動を行っています。
今回、新型コロナウイルス感染拡大防止策の徹底で、学校休校、世帯収入の大幅減などで、これまで以上に生活困窮に陥っている子どもたちをささえようとしている「子どもの居場所づくり支援」の方がおられます。そうした活動をされている団体を対象に、このたび緊急助成を行うことになりました。


舞台芸術を未来に繋ぐ基金=Mirai Performing Arts Fund

当基金は「舞台芸術を未来に繋ぐ基金」に集まった寄付金を原資として、新型コロナウイルス感染症の拡大防止によって活動停止を余儀なくされた舞台芸術に携わる出演者・クリエイター・スタッフ (個人、団体問わず) に対して今後の活動に必要な資金を助成することで、出演者・クリエイター・スタッフが出来るだけ早くこの危機を乗り越え、元の活動に戻れるよう、舞台芸術を守る一助になることを目指します。


みらいRITA 第4回助成金

コロナ禍で教育格差が広まることが懸念される中、SDGs目標4:『質の高い教育をみんなに』をテーマに掲げ、ICTなどのデジタル技術を活用して、次世代教育、ジェンダー平等への取り組みを行っているユース (12歳~ 25歳) の団体または、ユースを応援している団体に助成を行います。


チャリティスマイル 緊急助成

新型コロナウイルス感染症拡大の影響を受けて、首都圏若者サポートネットワークが実施している「若者おうえん基金」助成先である社会的養護下からの自立を支援している施設や事業所、団体より、若者たちの生活や就労面等の相談や感染症予防に伴うマスク・消毒液等衛生物品の不足など、厳しい現況が多く寄せられています。感染症拡大による影響を受け困難をきたす若者の自立に寄り添ってサポートする取り組みに対して本緊急助成事業を実施します。


「女性と子どものエンパワーメント コロナ基金」新型コロナウィルス緊急支援

新型コロナウィルス危機下で深刻化している暴力 (DV、性暴力、性的搾取、児童虐待など)、もしくは、貧困・社会的孤立 (シングルマザー支援) に関連した活動を行っている団体やプロジェクトに緊急助成を行います。


居場所を失った人への緊急活動応援助成

新型コロナウイルス感染対応としてのSTAY HOMEの呼びかけが続く中で、虐待やネグレクトなどで家にいられない子どもや若者たち、経済状況悪化のため仕事や家を失った人々、家に留まらなければならないストレスから家庭内暴力(DV)のおそれが高まっている家庭など、様々な理由から居場所を失い、孤立する人々に対する緊急的な支援活動を資金面から応援し、このコロナ禍において「誰一人取り残さない(leave no one behind)」社会をつくることを目的として、新たに「居場所を失った人への緊急活動応援助成」を実施します。


新型コロナウイルス対応緊急支援助成

この助成は、NPO等の民間団体(実行団体)が行う事業に助成を行う資金分配団体が対象です。

新型コロナウイルス感染拡大により深刻化する課題は、休眠預金等活用法の定める3つの分野の活動(子ども若者支援に係る活動、日常生活困難者等の支援に係る活動、地域活性化等支援に係る活動)において、当機構が設定していた「優先的に解決すべき社会課題」そのものであります。そこで、休眠預金等活用の目的に照らし、「誰ひとり取り残さない」ために、コロナ禍の影響により新たに生じた又は拡大した支援ニーズに緊急に対応するNPO等の民間団体(実行団体)が行う事業に助成を行う資金分配団体に対して、2020年4月1日より施行した2020年度事業計画に基づく助成事業(以下、「通常枠」と称します)とは別に、緊急支援として助成を行います。


令和2年度補正予算 小規模事業者持続化補助金<コロナ特別対応型>

この補助制度は「持続化給付金」とは異なるものです。

小規模事業者および一定要件を満たす特定非営利活動法人が、今後複数年にわたり相次いで直面する制度変更などに対等するため、小規模事業者などが取り組む販路開拓などの取組(例:新たな市場への参入に向けた売り方の工夫や新たな顧客層の獲得に向けた商品の改良・開発等)の経費の一部を補助することにより、地域の雇用や産業を支える小規模事業者の生産性向上と持続的発展を図ることを目的とします。
「コロナ対応特別枠」では、新型コロナウィルス感染症が事業環境に与える影響を乗り越えるために前向きな投資を行いながら販路開拓などに取り組む事業者への重点的な支援を図ります。